ニキビ跡を消すいちばんいい方法、教えます!

ニキビ跡を消す方法 HOME » 【自宅編】ニキビ跡を消す方法 » ピーリング石鹸・化粧水

ピーリング石鹸・化粧水

ここでは、ピーリング石鹸や化粧水など、毎日のスキンケアでできるニキビ跡のケアを紹介します。ピーリング石鹸や化粧水の特徴、ニキビ跡へのアプローチや効果的な洗顔法についても解説するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

毎日のスキンケアでニキビ跡を消す!

ニキビ跡を消したい人におすすめのスキンケアアイテムが、ピーリング石鹸。皮膚の余分な角質を落とし、皮脂の詰まりを防ぐことができるため、ニキビ予防に適しているんです。余分な皮脂を洗い流すこともできるので、気になるテカリも改善できます。

皮膚科やクリニックでのピーリング治療とは違い、効き目が穏やかな分、安心してチャレンジできるのが嬉しいですよね。根気よく続けることでターンオーバーを正常化し、自然治癒力を高めてくれる、心強いアイテムです。

化粧水での保湿も重視して

また、化粧水も忘れるわけにはいきません!ニキビ跡のスキンケアというよりも、ニキビ予防の観点から、化粧水でのケアもしっかり行う必要があります。

ニキビ予防で大事なのは、炎症を引き起こす余分な皮脂分泌や汚れを極力防ぐことですが、同じくらい重要なのが、肌を十分に保湿するということなんです。

実は、乾燥はニキビの隠れた原因の一つ。お肌を清潔にしようと洗いすぎたり、皮脂を取るケアをしすぎて乾燥してしまうと、逆に皮脂分泌が盛んになり、ニキビができやすい状態になります。

ニキビの予防とケアを考える時は、「保湿しながら炎症を抑える」タイプの化粧水や美容液をスキンケアに取り入れてみてください。

ニキビ跡タイプ別・効果的なスキンケア

ニキビ跡にはいくつかの種類があります。

  • 赤みが残る
  • 色素沈着が残る
  • クレーター(皮膚の凹凸)が残る
  • ケロイド状の跡が残る

ニキビ跡のタイプによって、効果的なピーリング石鹸や化粧水の使い方が違ってきます。簡単にまとめてみたので、自分のニキビ跡のタイプを確認しながらチェックしてみてくださいね。

【赤みタイプ】

ニキビが炎症を起こし、その赤みが消えにくくなります。このタイプには、スキンケアにビタミンC誘導体配合の化粧水を取り入れるのが効果的。ビタミンC誘導体による抗酸化成分が活性酸素をおさえ、肌荒れやニキビ、ニキビ跡を改善してくれます。

【色素沈着タイプ】

ニキビ跡が茶色いシミのような状態になってしまった場合は、ピーリング石鹸の使用がおすすめ。にきび跡を含む肌全体の新陳代謝を高め、新しい肌を作りやすくしてくれるため、早めにニキビ跡を消すことができます。刺激が強めなので、肌が弱い人は週1回から試して。刺激を感じなければ、毎日使用してもOKです。

【クレータータイプ】

この状態のニキビ跡は、自己ケアで完全に戻すことは難しいのですが、ピーリング石鹸でかなり改善することができます。肌の様子を見ながら、根気よくピーリング石鹸でのケアを続けていくことが大切です。

【ケロイドタイプ】

ピーリング石鹸は、ケロイドタイプのニキビ跡にも効果的です。もともとピーリングは表皮の角質に最も影響を与えやすいものなので、肌表面に盛り上がったように残るケロイド状のニキビ跡は、ピーリング石鹸の影響を受けやすいんです。毎日のスキンケアで改善していきましょう。

 
ページの先頭へ