ニキビ跡を消すいちばんいい方法、教えます!

ニキビ跡を消す方法 HOME » 【エステ・クリニック編】ニキビ跡を消す方法 » ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ここでは、ニキビ跡治療としてクリニックで行われるケミカルピーリングについて紹介したいと思います。

ケミカルピーリングでニキビ跡は消える?

ケミカルピーリングは、その名称の通り、化学的(ケミカル)に、はがす(ピーリングする)治療です。治療内容は、角質をはがす作用がある成分を肌に塗り、毛穴の汚れや古い角質を取り除くというもの。古い角質を落とすことで毛穴詰まりも解消でき、繰り返しできるニキビに対しても有効です。

市販されている洗顔料、石鹸、化粧水などの「角質ケア」を目的とした化粧品にもピーリング成分が含まれているものがあります。ただし、これらの商品には皮膚科で行われているケミカルピーリングほどの効果は期待できません。

クリニックでのケミカルピーリングでは、すでにあるニキビの芯や膿の排出ができるほか、ニキビ跡の色素沈着や、皮膚のデコボコ、浅いクレーターの改善も期待できます。また、薄いシミや小じわなどが改善されることもあるようです。

ケミカルピーリングのメリット・デメリット

皮膚科などクリニックで行われるケミカルピーリングは、「グリコール酸」や「サリチル酸」を使った方法をとることが多いようです。他に、乳酸を使ったピーリングを行っているところもありますが、数がかなり限られているようですね。

グリコール酸は、自然界にも存在する有機酸。サトウキビやブドウの果実などにも含まれています。角質のたんぱく質に反応し、角質を柔らかくする作用があり、ピーリングを目的とした洗顔料、化粧水などにも配合されています。

一方、サリチル酸には角質を柔軟にする作用や殺菌作用がありますが、そのままでは皮膚への刺激が強すぎるため、マクロゴールという基剤に溶かして使用します。こうすることで、皮膚の負担を減らしながら、しっかりと効果を得られるケミカルピーリングを行うことができるというわけです。

メリット

  • ニキビの炎症の原因となる毛穴の奥の「膿」が出やすい状態になる。
  • 角質が薄くななるため、薬やビタミンCローションなどの浸透が早くなる。
  • ニキビができても軽症のうちに改善しやすくなる。
  • くすみの改善や小ジワ、ちりめんジワなどにも効果がある。

デメリット

  • 紫外線の影響を受けやすくするため、UV対策が必須。
  • 保湿など、念入りなスキンケアが必要になる。
  • 治療後に、乾燥、ヒリヒリ感、ほてり、赤みなどが発生することがある。
  • 3~4週間に1回のペースで3ヶ月ほど続ける必要がある。

費用の目安

  • 1回あたり3,000~10,000円
 
ページの先頭へ