ニキビ跡を消すいちばんいい方法、教えます!

ニキビ跡を消す方法 HOME » 【種類別】気になるニキビ跡の治療法 » 色素沈着

色素沈着

ここでは、ニキビ跡の症状のひとつ、「色素沈着」の原因や症状、治療法について解説したいと思います。

ニキビ跡が色素沈着してしまうのはなぜ?

ニキビ跡がシミのように残ってしまう状態は、色素沈着と呼ばれています。黒っぽいものや紫色、赤みがかって見えるものもあります。これは、メラニン色素が皮膚組織に沈着してしまうことが原因で引き起こされます。

メラニンは、表皮の下にあるメラノサイト(色素細胞)で作られます。ニキビなどで炎症を起こしている部分の皮膚では、このメラノサイトの働きが活発になっているため、メラニンの生成量も多くなってしまいます。そのために、皮膚にメラニンが残りやすく、黒っぽいシミになってしまうというわけなんです。

ただし、炎症を起こして赤ニキビになる前の状態なら、色素沈着が起こる可能性はかなり少なくなります。色素沈着を防ぐには、まず「ニキビを悪化させない」ということが大切です。

ニキビ跡の色素沈着を消すには?

シミの原因として悪者にされがちなメラニンですが、本来は皮膚を外界の刺激から守ってくれるバリアのようなもの。紫外線や炎症などによって皮膚がダメージを受けたとき、ダメージを表皮までで食い止めようとして、表皮にメラニンでバリアを作ってくれているんです。

皮膚のターンオーバーが正常に働いていれば、不要になったメラニンはすぐに皮膚の外へ排出されますが、皮膚のダメージが大きかったり、メラニンを余分に作り過ぎてしまったりすると、そのまま皮膚に残り、沈着してしまいます。

ニキビ跡の色素沈着を早く治すためには、

  • ニキビを完治させる
  • ビタミンC、Eを摂取する
  • 美白効果のある化粧品を使用する

といったケアが有効です。

化粧品に配合されている美白成分として、効果が最も高いとされるのが、「ハイドロキノン」と呼ばれる成分です。刺激が強いため、肌が弱い人は注意が必要ですが、試してみる価値はありそう。

ポイントは、体の外側(スキンケア)だけでなく、栄養をしっかり補給してターンオーバーを活発にすること。サプリなども併用しながら、じっくり治療していきましょう。

 
ページの先頭へ