ニキビ跡を消すいちばんいい方法、教えます!

ニキビ跡を消す方法 HOME » 【種類別】気になるニキビ跡の治療法 » クレーター

クレーター

ここでは、ニキビ跡の症状のひとつ、「クレーター」の原因や症状、治療法について解説したいと思います。

ニキビ跡が凹み、クレーターになる理由は?

クレーターとは、月の表面のように、肌に凹凸ができてしまう症状。毛穴とその周囲に強い炎症が起こることで真皮がダメージを受け、コラーゲン組織が破壊されるために、窪んでしまった状態です。

ニキビ跡がクレーターになってしまうのは、黄ニキビにまで進行してしまった場合がほとんど。膿と一緒に皮膚の組織まで流れ出してしまうので、その部分が欠け、陥没したように見えるんです。

化膿が真皮層(皮膚の一番下の層)まで進んでいる場合には、陥没が大きくなり、治療には長い時間がかかります。

大切なのは、黄ニキビの状態になるほどニキビを悪化させないこと。その手前の赤ニキビの段階で食い止めれば、クレーターになるリスクはかなり軽減できます。

クレーター状のニキビ跡を消す方法はある?

悪化した黄ニキビがクレーター状になるのは、コラーゲン組織が破壊されたためです。

クレーター状になってしまったら、できるだけ早くアフターケアを始めることが大切。放置すればするほど凹凸の状態で定着してしまうので、きれいに消すのが難しくなります。

残念ながら、クレーターはホームケアでは消すことができません。

クリニックでコラーゲン生成を促すレーザーを当てたり、肌のターンオーバーを促すピーリングを行ったり、くぼんだ部分にコラーゲンやヒアルロン酸を注入して盛り上げるなどの治療が必要になってきます。また、真皮のコラーゲンを作ると言われているレチノイン酸を処方してもらい、塗るのも有効です。

クリニックの治療と並行してお勧めしたいのが、体内環境の改善です。

今後ニキビをつくらないためにも、サプリメントなどで必要な栄養を補給してニキビを予防するとともに、ニキビ跡の治療を体の内側からも促進していくのが効果的だと思います。

 
ページの先頭へ