ニキビ跡を消すいちばんいい方法、教えます!

ニキビ跡を消す方法 HOME » ニキビ跡を残さないためにできること » ニキビ跡をつくる原因を知る

ニキビ跡をつくる原因を知る

なぜニキビ跡ができてしまうのか? 原因がわかれば、対策もしやすくなりますよね。そこで、ここではニキビ跡ができてしまう原因について解説したいと思います。

まずはニキビ跡の原因を知っておこう

ニキビ跡ができる原因のひとつは、ニキビが悪化してしまうことにあります。ニキビが悪化する過程で、活性酸素が発生するのですが、これが毛穴周辺に大きな負担をかけてしまうのです。

ニキビ跡の種類でも対策が違ってくる

もうひとつ、知っておくべきことがあります。

ニキビ跡にはいくつかの種類があります。

  • 赤み
    ニキビと見分けがつけにくいが、膨らんでいないのに赤みを帯びている状態
  • 色素沈着
    紫色や茶色など、シミのようなものが残った状態
  • クレーター
    一番悩む人が多い症状。皮膚に凹凸が残ってしまう状態
  • ケロイド
    皮膚が褐色や赤みを帯びた状態で盛り上がったようになる状態

が主な種類と言えると思います。

そして、その種類によっても、ニキビ跡ができる原因が異なります。

「【種類別】気になるニキビ跡の治療法」のカテゴリーで症状・治療法を詳しく紹介していますので、そちらも合わせて確認してみてくださいね。

見落としがちな原因、化粧品選び

最後に見落としがちな点として挙げておくと、化粧品による刺激もニキビ跡の原因になっています。

肌に合っていない化粧品や、刺激が強い化粧品を使い続けると、肌に負担がかかり、ニキビ跡ができるリスクが大きくなるので、注意が必要です。

ニキビ跡を作らないためには、

  • ニキビを悪化させない
  • 低刺激の化粧品を選ぶようにする

この2つの対策に加え、ニキビ跡の種類に合わせたケアが必要ということになってきます。

 
ページの先頭へ